<< 雨のThe Lord Mayo... パリから1.5時間!ランスで芸... >>

いよいよ憧れのモンサンミッシェルへ!

北フランス旅の目的の2つ目はモンサンミッシェルに行く事でした。
長年行きたいと思いつつ、実現できていなかったのです。
かなり厳しいスケジュールでしたが、夫が運転頑張ってくれました!

ホテルには夜中に着いたので、残念ながら期待していた「モンサンミッシェルのライトアップ」は拝めず、
「モンサンミッシェルってきっとあそこ!」と
ぼーっと浮かび上がる数少ないライトを見つめていました。

しかし、次の日の朝!!
d0256883_17525720.jpg

日の出と共に外に出てみると、ばっちり見えましたー!
d0256883_17482952.jpg

目の前が農場なのがまた不思議なコントラストです。
d0256883_1754523.jpg


実は現在、モンサンミッシェル周辺は大規模な工事を行っています。
d0256883_52240.jpg

モンサンミッシェル周辺は潮の満ち引きが世界的にも激しく、その差は15mもあり、
満潮時は水が猛烈な早さで押し寄せるのだそう。
かつては巡礼者が激しい潮の満ち引きに飲み込まれてしまう事が多々あり
1877年に対岸との間に道をつくったのです。
しかし、これが原因で潮流をせき止める事となり、現在ではすっかり海水が近づかなくなってしまいました。
これを元の姿に戻そうと道をなくし、新たに橋を建設している、というわけです。(Wikiより)
橋が完成するのは2014年です。
d0256883_5112187.jpg

正直、近くからの景観はイマイチでしたが、これも現実ですね。
元の姿に戻ったらまた訪ねてみたくなり、もう一度行く理由が出来ました(笑)

さて、島の中に入ると狭い中世の路地が続きます。
d0256883_5122852.jpg

修道院だけでなく牢獄としても役目を果たしていた時期があり、
迷路のようになっていて、増改築を重ねているのがよくわかりました。
d0256883_5193415.jpg

d0256883_5195999.jpg

神秘的で、何か引きつけられるものがあるモンサンミッシェルが巡礼地として栄え、
現在でも多くの人々を魅了する理由が行ってみて良くわかりました。

ところで、裸足で周辺を歩く団体をモンサンミッシェルの上からキャッチ!
d0256883_5221942.jpg

いや〜寒そうです。でも楽しそうでもあります(笑)

死ぬまでに一度は行ってみたいと思っていたモンサンミッシェルに行くことが出来て幸せ。
連れて行ってくれた夫に感謝です。
d0256883_534474.jpg

[PR]
by london-days | 2013-11-20 05:28 | Travel/北フランス
<< 雨のThe Lord Mayo... パリから1.5時間!ランスで芸... >>