<< いよいよ憧れのモンサンミッシェルへ! リール宮廷美術館でロダンに夢中。 >>

パリから1.5時間!ランスで芸術&美食に触れる。

北フランス旅の続きです。

結婚式の夜はランス近郊で一泊しました。
ランスには2012年12月にオープンしたばかりのルーヴル美術館の別館があるとの事で
寄り道しました。
d0256883_21191526.jpg

設計は日本人ユニットのSANAA(サナー)だそうで、近代的でシンプルな建築でした。
見た瞬間に2011年2月に訪れた「金沢21世紀美術館」に似てるな〜と思ったのですが、
やはり同じSANAAによるものでした。
d0256883_2123187.jpg

大きな「箱」のような空間は少し傾斜していて、
入ると全ての展示が目に飛び込んでくるのは初めての感覚で面白かったです。
d0256883_21253074.jpg

そして興味深いのは時系列順に展示してあった事です。
d0256883_21271716.jpg

展示を見ていくだけで歴史も学べる素晴らしい展示方法ですね。
世界中の一流品を星の数ほど所蔵するルーブル美術館だからこそ出来る方法かもしれません。
d0256883_21295440.jpg

目玉のひとつでもあるドラクロワの「民衆を導く自由の女神」は本館にあった時とはまた違った印象でした。素敵。
d0256883_21344310.jpg

ところで、この日はお休みだったのか人はいらっしゃいませんでしたが、美術品の修復の様子を見ることが出来たり、
写真はないのですが、美術品を収蔵している所もガラス張りで見れるようになっているのは
美術館の新しい楽しみ方かも知れません。

そしてもう一つ、私達をおおいに喜ばせてくれたのが併設しているレストラン、ラトリエ・マーク・ムランです。
d0256883_2149020.jpg

全てが美しく繊細で美味。まさにパーフェクト!!!
d0256883_21481798.jpg

さすがフランスー♡と大喜びです。
お値段も良心的で、パリではきっと同じ値段でこのクオリティは望めないだろうと思います。
後で調べたら、やはり2つ星を持つシェフがプロデュースしているそうです。
おいしいわけだ。
早めに行ったので席がありましたが、あっという間に満席になる人気ぶりでした。

ランスはパリから電車で1時間半程で行けるそうです。
パリから日帰り旅行にぴったりかも!

ルーブル美術館ランス別館
http://www.louvrelens.fr/en/home
ラトリエ・マーク・ムラン
http://www.atelierdemarcmeurin.fr/#
[PR]
by london-days | 2013-11-03 22:02 | Travel/北フランス
<< いよいよ憧れのモンサンミッシェルへ! リール宮廷美術館でロダンに夢中。 >>