<   2014年 02月 ( 2 )   > この月の画像一覧

イートニアンのプレイが秀逸!名門を覗き見。

イートニアンという言葉を初めて知ったのですが、
イギリスの名門、イートン・カレッジの在校生をそう呼ぶそうです。
(ちなみに卒業生はオールド・イートニアンと呼ばれているそう)
d0256883_1273311.jpg

ロンドンの西、ウィンザー城の隣に位置している全寮制の学校で、多くのセレブや有名人を輩出し、ウィリアムとヘンリー両英王子も卒業しています。
d0256883_1223923.jpg


実は先日、そんなイートン校で年に2回行われると言うプレイ(劇)を観に行く機会がありました。
知り合いの息子さんがイートニアンで、彼の所属するハウス(寮)の上演があるというのでお誘い頂いたのです。
d0256883_11545666.jpg

街全体が学校となっているイートン校の劇場は、それはもう立派!!
オーケストラはモチロン生演奏で、照明だって、舞台だって、プロ顔負けの設備。
そして劇のレベルも想像以上に素晴らしく、大感激!
ロンドンのどのミュージカルよりも面白かった!と夫も大絶賛でした。
幕間ではまだ幼いイートニアン達がホールで飲み物を配り、ちょっとした学園祭のような楽しい雰囲気!
配られているのはシャンパン、生徒達が着ているのが制服である燕尾服なので、
学園祭とはまたちょっと違うかも(笑)
教えて頂かなければ気づくことは無かったですが、ロイヤルファミリーの方もいらしていました。

d0256883_1234361.jpg

         街にあった仕立て屋さん?のディスプレイ

ところで、どんな学校でも独特の風習はつきものですが、イートン校のも興味深いです。
制服が燕尾服なのもかなり独特ですが、実は成績が優秀な数名はガウンを着用したり、
グループによって中に着るチョッキの色や柄、ボタンなども違うそうで、ひとめでどのグループに属しているのかがわかるのだそう。
平等であることが当たり前の日本の教育とは真逆です。

d0256883_124596.jpg

     これも仕立て屋さん。

また、街(校内)にパブがあり、学生は飲めないはずでは?と思ったのですが、
16歳以上の生徒は出入りが許されているそうです。
(イギリスでは16歳からバーやレストランでビールなどの飲酒が認められているんですって!家庭では5歳からOK!知らなかった。。。)
外で遊んでしまうのなら、いっそのこと校内に遊べる場所をあえて作っているのだそう。
素晴らしいです。
全寮制で外に出られない分、鬱憤を晴らしたり、ストレスを解消する場所は絶対に必要だと思います。
気になって直接息子さんに聞いてみました。
「週末とかどうしてるの?」
彼は「スポーツしたり、出かけたりしています」と。
健全な学校生活ですね。(お母さまもいらしたから本音ではないかも?!笑)

夜の短い時間の滞在でしたが、忘れられない素晴らしい経験となりました。
Mさん本当にありがとうございました!!



Eton College
[PR]
by london-days | 2014-02-22 12:21 | London 劇場

挑戦して良かった!新しいメニューKedgeree♪

先日京都で知り合ったイギリス人の友人と久しぶりにお食事をしました。
いつもイギリスらしい場所を教えてくれる彼女が連れて行ってくれたのがイーストにある「Albion
常に人でいっぱいの人気店です。
d0256883_153368.jpg

写真はHPより拝借

この日は食べたことの無いメニューを頼んでみました。
その名はKedgeree。
友人曰く、
「スモークした白身魚をお米と卵とパセリで和えたカレー味のもの」、と説明してくれました。
私を知ってる人は「え?カレー味?」と思ったはず。
そう、カレーライスは大好きだけど、カレー風味のものが唯一苦手な私。
普段は頼むことは無いのですが、この日は新しいメニューに挑戦したい気持ちだったのです。
d0256883_294787.jpg

結果、
正解でした!!
クリーミーでとっても美味しかった♡
なんでも挑戦してみるものです。

ところで、このKedgereeというメニューについて少しだけ調べてみたら、
イギリスではヴィクトリア時代から愛されている朝食メニューだそう。
インドから持ち帰られたそうですが、
いつの間にかイギリスの定番メニューになったもののひとつだそうです。

ちょこっと写っているパンもふわふわで絶品でした!
なかなかロンドンで美味しいふわふわ系パンを見つけることは難しいのです。
グローサリーも併設しているので、帰りに買って帰ろうかと思いましたが売り切れ。。。残念。
近所だったら通いたいなぁ。

ちなみに、ここはあのコンランさんの系列店。Boudaryというホテル&レストランも同建物にあるので、トレンドのイーストロンドンステイに重宝しそうです♪

おいしいお食事と、仕事と学生生活を両立させている友人の話を聞いて刺激を沢山貰った日でした!

Albion
2-4 Boundary Street,
Shoreditch,
London E2 7DD
020 7729 1051

Boundary
Entrance in Redchurch Street
2-4 Boundary Street, Shoreditch,
London E2 7DD
Tel +44 (0)20 7729 1051
info@theboundary.co.uk
[PR]
by london-days | 2014-02-11 02:44 | London グルメ