<   2013年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧

Manchester

なんだか旅ブログになってしまっていますが、気にせず参ります。

Manchesterといえばサッカーですが、そこまで強い興味を持っていなかったので
Manchester Museumヘ行きました。
d0256883_6334928.jpg

これが意外なるヒット!
d0256883_6341130.jpg

小さい子供でも楽しめるように工夫してあって
それが英語を母国語としない私には解りやすくてちょうど良かったです。
d0256883_636821.jpg

展示方法がとーってもお洒落でびっくり!
d0256883_6372824.jpg

現代アート美術館みたいで面白かったです。
d0256883_639497.jpg

そして、一番の目玉はT-REX!!
d0256883_6423113.jpg

子供の頃大興奮したよなー!
テレビで映画「ナイト ミュージアム」を見たばっかりだったのでかなり親近感(笑)見た人には解ってもらえると思います!
d0256883_6441218.jpg

スケスケ(笑)

そしてなんと最上階には爬虫類館があり、珍しいカエルやら蛇やらカメレオンやらが!!
d0256883_6414493.jpg

子供達に混じって大興奮の私でした(笑)
それにしてもこういった博物館っていつ以来だろう??
剥製を見て子供の頃は動物図鑑が大好きで良く模写してたな〜とか、
T-REXをみて考古学者に憧れていた事もあったっけ、
など色々と思い出したりしました。
うっすら気づいていたけれど、男の子みたいな子供でした。
お人形さんとかぬいぐるみは興味なし!
車とか電車で遊び、スケボー大好き、ゲーム大好きな少女でした(笑)
ラジコン、欲しかったけれど買ってもらえなくて泣いてたなー。

Manchesterは時間切れで行ったのはココのみ!
でも大満足でした!!
[PR]
by london-days | 2013-02-28 07:01 | Travel/Manchester

liverpool

実はLeedsから電車でLiverpool入りをしたのですが、
Leedsでは始めに雨が降っていたのでカメラを持ち歩かなかったので写真が携帯からのみ。
その後晴れたので少し悔しいな。
そんな訳で、これはLeeds駅でLiverpool行きの電車を待っている時です。
d0256883_157816.jpg

駅や空港の雰囲気が大好き。
d0256883_1585446.jpg

Liverpoolは近代的な建物と古くからの建築が融合した港町と言った印象。
アフリカや欧州、アメリカとの貿易港として栄えた残り香がそこらじゅうに感じられました。
d0256883_215530.jpg

奴隷貿易の歴史を展示しているミュージアムや
d0256883_23686.jpg

TATE GALLERYへ。
d0256883_25528.jpg

思いがけず直島で出会った作品に再会もしました。
そして、Liverpoolと言えばやはりThe Beatles!
d0256883_246837.png

ガイドブックにTHe Beatles Storyはマスト!と書いてあったので行きました。
オーディオガイドで詳しく説明してくれるのでなかなか楽しめました。
d0256883_315414.jpg

そうだそうだ、Walkers Collectionにも行っていました。
お得意のマッハで忘れかけていました(笑)

ところで、Liverpoolには大きな中華街があります。
d0256883_2491380.jpg

立派な門は夜になるとライトアップされていて幻想的でした。
d0256883_2502941.jpg

標識にも中国語が書かれるくらいLiverpoolの中国コミュニティは大きいです。
少し歩いて行くと、世界で2番目に大きいというLiverpool Cathedralがあります。
d0256883_2524313.jpg

写真ではなかなか伝えられないのが残念ですが、これが本当に大きかった!!!
d0256883_2532459.jpg

せっかくなのでてっぺんまで登りました。
Liverpoolが一望できて気持ちよかったです!
d0256883_254432.jpg

1978年建立なので、割と最近ですが74年もの年月をかけて建てられたそうです。
設計はTate Galleryを建てた建築家ジル・ギルバートだそうで、
様々なアート作品が置かれているのも納得です。
このネオンもそのひとつ。
d0256883_2573615.jpg

現代アートと教会ってありそうでなかったコラボレーションです。
もっとゆっくり見れば良かったナァ。

d0256883_364133.jpg

ビートルズがライブをしていたCavernというライブハウスがあったあたりは
近代化が進んでいる周りとは違ってきっと昔のままなのだと思います。
ビートルズが通っていたThe Grapesはあまりの激混みっぷりに泣く泣く諦めて、違うパブへ行きました。
d0256883_382332.jpg

こうしてみると盛りだくさんだったLiverpool!
良い所でした。

次はManchesterです。
[PR]
by london-days | 2013-02-27 03:19 | Travel/Liverpool

Ipswich

Colchesterから移動してIpswichへ。
あのCWニコルさんの故郷でもある街だそうです。
d0256883_18402199.jpg

小さな港町、と言った印象。
d0256883_1841380.jpg

港町だからどうしても新鮮で美味しい魚介類が食べられるのでは?!とわくわくしてしまうのですが、
イギリスに限ってそんな事はありません。(断言)
どこにもFresh Fish!なんて言葉は見つけられません。
d0256883_18452088.jpg

お魚は諦めて入ったThe Bistroというマリーナ沿いのお店ですが、
ここがかなり美味しかったです!(写真とは別のお店です)

お・肉・が!!

多分、イギリス人はお肉が好きなのだと思います。
こんな港町でもお肉は想像以上に大変美味しかったです。
お店の人にオススメを聞くと、「Venison!」とのこと。
つまりは鹿肉でした。
付け合わせの野菜も調度良い湯で加減&塩加減。
これ、イギリスでは滅多に出会えない塩梅でした。

思いがけず美味しいものに出会えたIpswich。
暗くなってしまってからの街歩きでしたが
d0256883_1857363.jpg

イギリスらしく古くて美しい歴史を感じる建物に、お店が入っているので、
建物を見ているだけでも楽しかったです。
d0256883_18594828.jpg

こちらはヘンリー8世の元で権力を欲しいままにしたと言われるトマス・ウルジーというイプスウィッチ出身の建築家のChristchurch Mansionと呼ばれる作品。
この他の代表的な作品はロンドン郊外のハンプトンコートなどだそう。
Christchurch Mansionは現在は美術館になっているそうですが、
残念ながらもう閉館していました。
イギリスはどんな小さな街にも大事に住み続けられてきた家があり、
建築様式など全く詳しくありませんが、見ていて全く飽きることがありません。

ちなみに、こちらは宿泊した Salthouse Harbour Hotel
d0256883_1991584.jpg

塩の倉庫だったのかな〜。
d0256883_1912656.jpg

とても気持ちの良いステイでした!

Salthouse Harbour Hotel
The Bistro
[PR]
by london-days | 2013-02-18 19:15 | Travel/Ipswich

Colchester

雪の降るとある週末はロンドンから北東の方向にあるColchesterという小さな街へ。
ブリテン島で最古の街とも言われているそうです。
d0256883_0514680.jpg

博物館になっているコルチェスター城は残念ながら休館日。
その昔は牢獄としても役を果たしていたそうです。
d0256883_0543649.jpg

すぐ傍らにあるHollytrees Meuseumは開いていました。
コルチェスターでの人々の生活が垣間見える展示内容でした。
d0256883_0561987.jpg

公園の門には戦争で命を落とした方々の慰霊碑が。
d0256883_0593470.jpg

また歩いているとガイドブックには載っていなかったこんな風景にも出会いました。
d0256883_101753.jpg

京都の南禅寺の水路を思い出してしまいましたが、ここはどうやらお墓のようです。
境内のベンチにはfish&chipsを頬張る老夫婦の姿がなんだかとても微笑ましくて
fish&chipsもとても美味しそうだったので、なんと私達もお昼はfish&chipsにしました。
d0256883_18266.jpg

Large sizeは驚きのボリューム!お皿が小さいのではありません(笑)
2人で分けて頂きました。
d0256883_13313.jpg

趣味は?と先日聞かれ、とっさに「お散歩です」と答えた私。
こんな風景に出会える街歩きが大好きな事に改めて気づきました。
[PR]
by london-days | 2013-02-12 01:13 | Travel/Clochester