カテゴリ:Travel/Croatia( 6 )

クロアチア、また会う日まで!

いよいよこれでラストだ、クロアチア旅。

朝は名物魚市場をとりあえず見学。
d0256883_4273668.jpg

思っていたよりも小さかったけれど、新鮮な魚介が気軽に買える環境が羨ましい!
d0256883_4355789.jpg

青空市場では新鮮な野菜や果物も売っています。豊かだな〜
d0256883_4352437.jpg

地下宮殿も行き、(確か写真はオリーブオイルを作っていたところ)
d0256883_436487.jpg

Vidovic美術館や
d0256883_515064.jpg

スプリト市立博物館も。
d0256883_4371414.jpg

博物館からの眺めが博物館級!

そしてそして、バスでショートトリップしたのはトロギールという街。
スプリトから約30キロ西に位置する世界遺産の街です。
d0256883_4263585.jpg
d0256883_4422367.jpg

聖ラウレンティウス教会のラドヴァンの門と呼ばれるファサードがとにかく美しい。
d0256883_442656.jpg

そして塔があるなら、登る!(笑)
d0256883_4425398.jpg

だってこんな景色が見られるんですもの!!
d0256883_4435516.jpg

高所恐怖症だけどね。

d0256883_4451989.jpg

お食事は、ガイドに載っていたレストランで。
やっぱりおばちゃんがグリルで焼いてくれます。
d0256883_4461181.jpg

シンプルで美味!
帰りのバスまで時間が空いたので、海辺でのんびり。
d0256883_541637.jpg

そして、スプリトに戻り、また塔に登る(笑)
d0256883_545051.jpg

d0256883_551719.jpg

最後は駆け足のクロアチア旅でしたが、
とにかく海に癒され、海に力を貰った旅でした。
「いままでで一番よかった旅先は?」と聞かれたら、
その答えは即答で「クロアチア」です!
ああ、また行きたい。
ありがとう、クロアチア!
d0256883_575191.jpg

また会う日まで♪
[PR]
by london-days | 2015-04-28 05:16 | Travel/Croatia

クロアチアのスプリトで一番よかったのは。

さて、夏になる前にクロアチア旅を終わらせます。
d0256883_6442983.jpg

着いてみて観光客の多さにビックリ!
世界遺産にも登録されている街を迷いながらホテルに荷物を置いてお出かけ。
d0256883_6484226.jpg

初日は美術館や博物館と少しビーチへ。
d0256883_6512345.jpg

クロアチア考古学博物館。
d0256883_6492640.jpg

メシュトリヴィッチ美術館。
d0256883_6555416.jpg

クロアチアの彫刻家。邸宅に並ぶ作品は圧巻!とても素敵な美術館でした。
d0256883_705037.jpg

少し歩くとメシュトリヴィッチの作品が納められている教会があります。
d0256883_724632.jpg

壁には聖書のシーンが彫られています。
d0256883_742249.jpg

こじんまりとしていてここもとっても素敵な教会でした。
このあとは、道を下って教会から見えたビーチへ行ってみる事に。
d0256883_712796.jpg

少し休憩。とにかく壮大で美しい景色!
d0256883_754552.jpg

ちなみに日焼け止めはクロアチアのナチュラルコスメ屋さんでゲットしたアロマティカのオイル。
d0256883_77143.jpg

オイルなのに日焼け止め?!と少々フクザツな思いもありましたが、
まず、湿気が無くて乾燥しているのでオイルが心地よい事、
全てナチュラルな素材で作られているので安心な事、
そして何より香りがいい!ので結構気に入りました。
SPFのFの10なので、日焼け止めとしての効果はあまり期待しない方がよいかも〜
私は適度に焼きたかったので問題なしでした。
ビーチでゆっくりしたあとは夕暮れの街中へ。
d0256883_7145647.jpg

d0256883_7151583.jpg

美し過ぎて飽きずにずーっと見てしまいました。
自然界って本当に美しい。
夕暮れに染まる街中を散策し、
d0256883_7195181.jpg

もうひと頑張りしてスプリト考古学博物館へ。
d0256883_7212445.jpg

もう暗くなっていたので、少々怖かった。。
d0256883_7215740.jpg

でも個人的にツボである文様や文字を沢山見れて満足。
このあと夕飯を食べて、また夜の街中を散策しました。
これが大ヒット!
スプリトの街は夜歩くのが一番良かったです!
d0256883_7263822.jpg

ライトアップされていてそれはそれはロマンチック。
広場では音楽を演奏したりして賑わっています。
d0256883_7275115.jpg

突如現れた赤い毛集団(笑)
d0256883_7265544.jpg

迷路のようになっている旧市街は小道に席を並べて賑わっているレストランが突如現れたりして
スプリト旧市街の夜のお散歩、相当楽しかったです。
ほら、またあの集団に遭遇(笑)
d0256883_7283686.jpg

スプリトを一度にまとめようと思いましたが無理でした。

つづく。。。(と思う)
[PR]
by london-days | 2015-04-16 07:34 | Travel/Croatia

コルチェラ島から日帰りでフヴァル島へ

フヴァル島へ日帰りで遊びに行きました。
d0256883_3414346.jpg

早朝の船に乗り込み、日の出を移動しながら拝みました。
d0256883_3433080.jpg

それはそれは美しくて感動。
d0256883_3441511.jpg

すっかり日も登った頃、フヴァル島に到着。(この写真の上のお城は最後に登りましたよ!)
d0256883_3453977.jpg

豪華な船が沢山停泊していて、とてもおハイソな雰囲気。
d0256883_347533.jpg

実はフヴァル島はヨーロッパの人々憧れのリゾート地。
有名人もよく目撃されるのだとか。
d0256883_3503396.jpg

洗練されている雰囲気はコルチェラ島と全然違って面白い。
d0256883_3505628.jpg

なんだか人だかりが出来ていて、何かを釣ろうとしているのかと思いましたが、こんなに透明度が高いのに何も見つからない。
d0256883_3512528.jpg

誰かが「タコよ!」って言っていたけど、本当かな〜。
個人的には黒いウニが気になってしょうがない(笑)
d0256883_3525611.jpg

お散歩しているだけで幸せになれる風景&青空&海!
d0256883_3544844.jpg

ところで、お散歩中にとても気になったこの巨大な植物。
至る所に生息していて、異様なまでの風景だったのですが、のちに何の植物か謎が明かされる事になるとは。。。
d0256883_3591187.jpg

この写真にあるのが聖ベネティクト会修道院で、修道女達が編んでいたと言う伝統のレーズ編みを展示しています。(写真NGでした)
フヴァル島の伝統レース編みはユネスコの無形伝統文化遺産として登録されているそうで、
その繊細なレースは息をのむ美しさでした。
実はそのレースの原料となるのがなんとあの恐ろしげな植物だったのです!ここで繋がるとは驚きでした。

d0256883_464886.jpg

ところで、フヴァル島はラベンダーでも有名です。
街中にはラベンダー商品を売る露店があちらこちらにありました。
香りが良くてついバス用品やらクリームやらを買ってしまいましたが、
みんな手作りでナチュラルなので使っていてもとても気持ちがよくてもっと買ってくれば良かったと思うくらい。
d0256883_4114975.jpg

フランシスコ教会には最後の晩餐が。有名出そう。立派でした。
d0256883_4154871.jpg

この青に感動しきり。船が出航し泡が立っているのでしょう。ああキレイ。自然界の色とは思えない美しさ。
d0256883_4171170.jpg

途中ビーチで休憩。さすが有名リゾート地だけあって大変賑わっていました。
d0256883_4182816.jpg

最後は丘の上の城跡まで頑張って登りました。
暑くて、へこたれそうでしたが、頑張ったかいがあった!
素晴らしい景色を堪能。(でもカメラの電池が切れてしまい残念)
登る価値アリです!
d0256883_4153021.jpg

そんなこんなでコルチェラに帰る船に乗り、フヴァルを後にしたのでした。
一日でも充分に堪能できました!

そうそう、フヴァルはお食事も洗練されていましたよ!
d0256883_4213794.jpg

メニューにあった「UNI」という言葉に小躍りした私達(笑)
本当にウニが出て来た〜!!(右端)
感動的なお食事でした。


次はスプリトでおしまい。
[PR]
by london-days | 2015-03-02 04:35 | Travel/Croatia

コルチェラ島の風景。

コルチェラ島のコルチェラは一日もあれば全部見れちゃうくらい小さいです。
d0256883_33126.jpg

街で一番高い場所であるこの塔に登り、
d0256883_335579.jpg

きもちー!
d0256883_341425.jpg

きもちーーー!!!
d0256883_344399.jpg

きもちーーーーーー!!!
2人とも高所恐怖症なのですが、登って良かった。
d0256883_343672.jpg

こちらは街唯一の観光スポット、マルコポーロの家。
でも、行く機会を逃しました(笑)
d0256883_385897.jpg

お土産物屋さん。
d0256883_392095.jpg

博物館にて、文様。11世紀のもの。
d0256883_312129.jpg

教会にて、文字。多分古いもの。
d0256883_313104.jpg

街中の建物の文様や文字が面白い!
d0256883_314247.jpg

カリグラフィーを習い始めてから、文字にも興味津々。
d0256883_3251135.jpg

BC3世紀!(レプリカ)
d0256883_3152814.jpg

そしてやっぱり美しすぎる海。
d0256883_318323.jpg

d0256883_316137.jpg

海がこんなに力をくれるものだとは知りませんでした。

ところで、コルチェラにはモレスクという伝統的な踊りが受け継がれ、今でも週に1回披露されているのですが、
生憎のお天気で中止になり、残念。
4泊もしたのに観光スポットにはご縁がなかったコルチェラでした(笑)
でも、この美しい街並みと海があるから問題無しです!

次は日帰りフバル島〜
[PR]
by london-days | 2015-02-13 03:31 | Travel/Croatia

本当は秘密にしたいクロアチアの島、コルチュラ島。

さて、ドブロブニクから船で向かったコルチェラ島。
ドブロブニクとスプリトの丁度中間にあるこの島に4泊しました。
d0256883_20365734.jpg

これが大正解!
ガイドブックにはほとんど情報が載っていない小さな島ですが、宿主のロザリンさんがとっても気さくで、色々と教えてくれました。
ちなみに、宿はホテルというよりもロザリオさんのお家に泊まらせてもらうような感覚。
とってもフレンドリーでホスピタリティーに溢れる素晴らしい方で、楽しく充実した旅となったのもロザリオさんのお陰です。

着いたのは夜だったのでまずはレストラン!
ロザリオさんに教えてもらったAdio Mareというやっぱりグリルが美味しいお店。
d0256883_20591765.jpg

ここも滞在中3回も訪れました。
http://www.konobaadiomare.hr/
その日のお勧めのお魚をグリルしてくれます。
ちなみに、いつも満席のこのお店で周りのお客さんが多く頼んでいたのがお肉料理。
3回目に気になって頼んでみましたが、やっぱり魚介が美味しかったな〜(笑)

さて、次の日コルチェラで朝を迎えて驚いたのが海の美しさ!!!
d0256883_2131896.jpg

スケール感半端ないでしょう〜!!
d0256883_2125759.jpg

透明過ぎるやろ〜!!
d0256883_2112367.jpg

場所によって表情を変える海。
これぞアクアマリン!という色。お魚、見えますか〜?
お散歩するだけで感動しまくり。癒されます。
d0256883_214383.jpg

朝ご飯はパン屋さんでパンを買ってコーヒーと共に海辺で♪
最高に気持ちがよい!
ちなみに、こちらはブレクというパン。チーズが入ったわりとどっしりしたパンです(食べかけで失礼致します)

さてさて、この日はロザリオさんが知り合いの水上タクシードライバーを紹介してくれて地元の人しか行かないビーチに連れて行ってもらいました!
d0256883_21103799.jpg

貸し切り♪
d0256883_2111116.jpg

何処までも美しい!
d0256883_21125996.jpg

ビーチは、地元の人しか来ないだけあって全く整備されていない様子。
ちょっと寒かったのが残念。
でもゆっくり贅沢な時間を過ごしました。
d0256883_21165856.jpg

待ち合わせしていたタクシーの運ちゃんと合流したら、なんと「フロントデッキに乗って帰れば?」と言っています。
d0256883_2114274.jpg

戸惑いながらもフロントデッキに座り込んで出航!
d0256883_2118959.jpg

途中の島で数人ピックアップしたら、満席になり、「あ、そういうことだったのね!」と合点。
お陰で最高の景色を2人じめ出来ました。(酔うかと思ったけど!)
ありがとう運ちゃん。

こうしてコルチェラの一日がすぎてゆきました。
つづく。



ホテル
Apartments Vilović Korčula
Korčulanskih bratovština 3, 20260 コルチュラ, クロアチア

レストラン
Adio Mare
Sv Roka 2
Korčula Town
[PR]
by london-days | 2015-02-08 21:37 | Travel/Croatia

海と空がとにかく美し過ぎる!!クロアチア旅。

寒い日が続いていますが、なんとなんと、去年の夏の話です。
やはり記録しておこうと思い立ち今になりました。遅。
d0256883_0384251.jpg

実はクロアチアへはアフリカ時代にホリデーで行く予定でした。
飛行機もホテルも予約して、いざ出発!という時に夫が体調を崩し、全てキャンセル。
8年とか9年ぶりにクロアチア旅を実現することになったので、それはそれは嬉しくて!
d0256883_0392146.jpg

さてさて、ルートはドブロブニク in スプリト out.
その間の移動は船!
コルチェラ島、フバル島にも行きました。
まずはアドリア海の真珠と言われるドブロブニクへ。
お部屋の小さな窓からは旧市街が見渡せて気分も上がります!。
d0256883_045664.jpg

とにかくお腹が空いているので何か食べたい!
d0256883_0213057.jpg

名物タコのサラダ、イカのグリル、小魚のフライなどなど、イギリスでは食べる機会がほぼ無い新鮮な魚介をもちろんオーダー。
おいしー!
実は旅中ずーっとこの様なメニューを食べることになりますが、飽きる事はありませんでした。
d0256883_023146.jpg

旧市街内は階段がきついけれど、美しい風景にイチコロ。
あー、この空が恋しい。
d0256883_024274.jpg

d0256883_1135057.jpg

世界遺産だからか人々の生活感溢れる風景もステキ。
d0256883_1155126.jpg

目抜き通りは観光客で常に一杯。
ちなみに、9月末はクロアチア観光のシーズンが丁度終わった頃で、
(これでも)人が少なくなりつつ、気候はまだ夏で海にも入れるのでベストなのだとか。
狙ったわけではありませんでしたが、良い時に行く事ができてラッキーでした。

もちろん海にも入りましたよー。
d0256883_023528.jpg

旧市街から歩いてすぐのビーチ。
人が少な過ぎて入っていいのかわかりませんでしたが、午後になったら徐々に人も増えてきました。

ところで、ドブロブニクで起きた珍事があります。
それは夕飯を食べる場所を探している時にお腹が空きすぎて呼び込まれて入ったお店がとんでもなく不味かったのです。
多分これまでの人生でもワースト1、2を争う不味さでした。残念。
(事前にリサーチが足りないのも反省しています)
そこで、もしこれからドブロブニクに行かれる方がいらっしゃるなら、
私達のように悲しい思いをしないように、是非ともお勧めしたいレストランがあります。

滞在中に2度行った「LADY PIPI」です。
(お店の名前の由来でもあるだろう店前にある像はかなり衝撃的です。一度見たら忘れられないはず)
d0256883_052491.jpg

この大きなグリルで魚介やお肉、お野菜を大胆にグリルしてくれます!
d0256883_0553744.jpg

旧市街の北のてっぺんに位置し、運が良ければ旧市街を望める席にあたるかもしれません。
気をつけるべきは、屋根が無いので雨が振るとクローズすること、(ドブロブニクでは雨は滅多に振らないそうですが、2014年夏は珍しく降ったそう。滞在中何度かスコールのような雨に降られました。)
予約を取らないので並ぶことがあるかもしれません。
そして相席になる事があるかもしれません。
でも、お勧めです。
メニューはやっぱり魚介のグリルが美味しかったです。(凄い量でした。写真がなくてごめんなさい)


そんな「観光地」ドブロブニクで2泊し、次に向かうはコルチェラ島です。
この船で移動です。
d0256883_0591477.jpg


つづく。
[PR]
by london-days | 2015-01-22 01:33 | Travel/Croatia