カテゴリ:Travel/日本( 2 )

一時帰国について考える。

d0256883_2375034.jpg


ロンドンの生活に随分と慣れていて、正直日本が恋しいとはあまり思っていなかったのですが、
帰ってみると、やっぱり日本っていいですね!

それはもちろん、普段会えない家族や友人に会えるし、美味しいものはいっぱいあるし、家事はしなくていいし、毎日予定があって充実してるし、買いたいものはすぐ手に入るし、数えきれないくらいの理由があります。
だからなのか、日本からロンドンに戻ってきた時には、疲れや時差もあるのだと思いますが、ずっとぼーっとしてしまい、復活するまでわりと時間がかかりました。

一時帰国ってサイコーにハッピーだけど、もしかして…?!

何の問題もなくおおらかに続いてきたロンドンでの生活が、一時帰国によって区切られてしまい、気持ちが日本に置き去りになってしまったのかもしれません。
こんな感覚は初めてで少し戸惑い気味で、再度ロンドンでの生活をスタートさせるのに時間がとてもかかってしまいました。

もうすっかり元の生活なので全く問題ないのですが!

今回初めて知ったのですが、30年前にロンドンに赴任していた両親は5年間一度も帰国しなかったそうです。それが当たり前だったから特に両親も日本に帰りたいと思ったことは無かったそうです。
なんだかわかる気がします。

それにしても、両親には本当に頭が下がります。
ネットも、ファックスも、スカイプもない時代に、2人の子供を連れて異国の地で暮らしたのですから。国際電話だって、ものすごーく高い時代です。

私にとってイギリスで過ごした幼少期は本当に良い思い出ばかりで、両親にも感謝していますが、仲良くしてくれた友達にも感謝しています。

実は、8歳で帰国してからお互い筆無精なのに、なんとなく、不思議と縁が切れること無く、ことあるごとに家族ぐるみで会ったりして、これまで繋がってきた友人がいます。
なんと彼女から結婚式の招待状が先日届きました!
d0256883_2401412.jpg

嬉しいな〜。
まさか彼女の結婚式に参列できる日がくるとは夢にも思っていませんでした。
嬉しすぎる!
結婚式、今からとっても楽しみです。

あれれ、最後は全然違う話になってしまいましたね(笑)
[PR]
by london-days | 2014-07-29 02:15 | Travel/日本

妹の結婚式。

しばらく日本に帰っていました。
それは妹の結婚式に出席するため。
d0256883_159798.jpg

親族と親しい友人だけのこんじんまりとしたお式は
妹らしくゲストとの距離が近く、アットホームな雰囲気。
印象的なのはなんと言ってもとっても幸せそうな妹の姿でした。
そして、しっかりとやさしく妹を支えてくれる新郎。
「結婚はしない!」と仕事一筋な妹でしたので、結婚が決まった時には家族じゅうがびっくり!
心底「ご縁」なのだな〜としみじみ。
d0256883_159593.jpg

会場はナチュラルな生花で飾られてとても可愛らしかったです。

ところで、結婚式では姉として少しだけお手伝い。
(頼まれてもいないのに)ウェルカムボードとリングピローを手作りしました。
d0256883_1593281.jpg

ウェルカムボードはかなりシンプルでしたので、当日生花を飾って頂き華やかに。
リングピローはジュエリーボックスを使い、結婚式が終わっても指輪を保管しておけるようにしました。
d0256883_15105976.jpg


会場は小笠原伯爵邸。
d0256883_1513769.jpg

ガーデンウェディングでしたので、お天気を心配していましたが
梅雨時にしては上出来過ぎる晴れ!
d0256883_15141570.jpg

素晴らしいお式となりました。

d0256883_15151992.jpg

ギリギリまで2人が作成していた写真パネルと
会場にいる人たちを飽きさせないようにプォトブースアイテムを飾ったり、
他にも色々とこだわりがあり、2人の想いが伝わるパーティでした。

d0256883_15275823.jpg

家族がお嫁に行くのって不思議な気持ちですね。
これまで妹を支えてくれた方々に感謝。
そして、妹をもらってくれた新郎に感謝。
末永い幸せを祈っています!
[PR]
by london-days | 2014-07-09 03:04 | Travel/日本