<< クロアチアのスプリトで一番よか... ロンドンに春が来た!そしてアイ... >>

ロンドンから2時間半!ノッティンガム&チャッツワースへ

クロアチア旅紀が終わっていませんが、
先日ロンドンから車で2時間半くらい北に上がったNottinghamに行ってきました。
d0256883_17352398.jpg

実は3度目のNottingham。
1回目にお城を見学したり、街中を散策しました。
2回目はNottingham城で行われたビアフェスティバルへ行きました。
毎回Nottingham在住のインド人夫婦とお食事&バーへ行き、楽しく過ごしていますが、
今回はお食事の時に強くお勧めされたChatsworth Houseへ行ってみることにしました。

Nottinghamから車で北上すること約一時間くらいで到着です。
d0256883_17415569.jpg

のんびりとした田園風景を走っていると突如現れる豪邸!
映画「高慢と偏見」のロケ地としても知られているそうです。
d0256883_174463.jpg

とにかく広大な敷地には羊ちゃんが放し飼い。
素晴らしきイギリス的風景に感動!
お屋敷の中は見学出来ます。
d0256883_1745356.jpg

そのまま映画のセットに使えそうなライブラリー。
d0256883_17462100.jpg

現代風にアレンジしてもなんだかマッチしてしまうダイニング。
ちょうどMYC(make yourself comfortable)展が行われていて、現代的な椅子が各部屋に展示されていました。
d0256883_17532070.jpg

椅子に限らず、公爵のご趣味なのか、現代アートがさりげなくクラシックスタイルの家具に合わせてあったりして、この家の持ち主であるデボンシャー公爵はきっと伝統を守りながらも、新しいものを取り入れる革新的な方なのでは、等と想像してみたりしました。
d0256883_17552868.jpg

美術館や博物館と違って、アートが活きてる!という感じでした。

ところで、とある寝室の壁紙に描かれているこの赤い花はバナナの花だそうです。
d0256883_17562532.jpg

1829年にモーリシャスから輸入されたバナナの木がとても良く育ったので、
当時のガーデナーがサモアに苗木を送ったそう。
それが現在のほとんどのバナナのルーツをたどると、ここ、Chatsworth Houseに繋がるのだとか!
イギリスの中部でよくもバナナが育ったと思いますが、
現在でもこの温室内で厳しい温度管理のもとでバナナは育っているそうです。
d0256883_181834.jpg


お庭を散策していると、大量の水仙に出会えました。
イギリスと言えば水仙。春を告げる花です。
d0256883_1822492.jpg

ゆっくり散策していたら一日あっても足りなそうなChatsworth House。
イギリスの上流階級を垣間見る事が出来る場所でもあり、
タイムスリップ出来る場所、のんびりお散歩出来る場所、アートを楽しむ場所、
色んな顔があり、きっと昔から地元の人々が集い愛された場所だったのだろうと想像します。
そうそう、お土産屋さんも充実していましたよ!

Chatsworth House
http://www.chatsworth.org/
[PR]
by london-days | 2015-04-14 18:14 | Travel/Nottingham
<< クロアチアのスプリトで一番よか... ロンドンに春が来た!そしてアイ... >>